認知症の防止に役立つアプリ紹介サイト

『脳若ステーション』事業紹介セミナーに参加してきました。

『脳若ステーション』事業紹介セミナーに参加してきました。
http://kaigo-yobo.com

実際にiPadを利用した介護予防のビジネスモデルを提案するセミナーに参加してきました。
パソコン教室のような授業形式で介護予防アプリを活用しているとのこと。
どのような内容なのか、気になりますよね。

通常パソコン教室などを行う場合にはカリキュラムが必要です。
こちらの会社さんが凄い所は、カリキュラムの提供はもちろんですが、
自社でアプリ開発を行っている点、そして格好良さを追求している
(だっさいデザインはあり得ないと、スッパリと言い切っている)点です。
授業はこのアプリを取り入れながらの60分コースとなるとの事。

実際に自社開発したアプリを利用したBB(iPadを利用したブレインとボディ)体操を体験しましたが、
とっても面白いと思いました。
頭で考えながら身体を動かすってすんなり出来ないものなんですね。
ちなみにアプリ開発前は紙芝居かパワポを利用して体操を行っていたとの事です。
ベースとなる根拠があっての開発なので、おもわず納得の介護予防(老化防止)アプリでした。

また印象的なお話としては、
「iPadの利用方法に特化した教室をやっても、長続きしない」
「このビジネスは今あるサービスと併用して利用して欲しい」
「運営者はトレーナーを育て地域包括支援を行って欲しい」など、
しっかりと自社サービスのよいところ、ポジションの見極め、ビジョンが出来ている点でした。

元々九州の公民館から始めたパソコン教室から地道に販路を広げで10年以上経過し現在に至るとの事でしたが、
介護予防のビジネスモデルとして定着しそうな予感がしました。

ちなみに併用したビジネスモデル例として、
パソコン教室で若脳トレーニングを週1回60分(月4回)行った場合の月謝は
5800円から7000円位で設定されているそうです。
フランチャイズにありがちなテリトリー制はとっていないとの事ですので、
塾教室やコミュニティスペースなどで取り入れるケースはどんどんでてくるでしょうね。

『みつおか式 脳若トレーニング』
http://kaigo-yobo.com

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  プロフィール  PR:無料HP  六日町自動車学校  コンピューターグラフィックス 専門学校  タナベ  タイヤ 価格  タイヤ 価格  音楽 専門学校  BATTLEZ  マラカイト  心理 東京 大学  新生ジャパン投資 口コミ  タイヤ 取付 津山市  名簿販売